2017年度 講義内容
聖書学

A.旧約聖書の世界 月本昭男 (経堂聖書会・上智大学神学部特任教授)        

 2017年度はゼカリヤ書を学びます。その前半(1~8章)には、捕囚帰還後の神殿再建時に活躍し
た預言者ゼカリヤの幻が配置され、後半(9~14章)には、イエスのエルサレム入城の物語にも引用された「平和の王」の到来をはじめ、終末時の救済を告げる預言が収められています。これらは新約聖書にも少なからぬ影響を及ぼしました。そのようなゼカリヤ書の本文を読み進めながら、その背景を探り、その使信を学びます。                         (CD受講あり)

 1 ゼカリヤ書の構成と背景
 2 シオンの喜び:ゼカリヤ書1~2章
 3 ヨシュアとゼルバベル:ゼカリヤ書3~4章
 4 「若枝」の戴冠式:ゼカリヤ書5~6章
 5 神殿完成に向けて:ゼカリヤ書7~8章
 6 平和の王、イスラエルの贖い:ゼカリヤ書9~10章
 7 悪い羊飼い、ダビデの家とエルサレムの清め:ゼカリヤ書11~13章
 8 全地の王ヤハウェ:ゼカリヤ書14章

B.預言者の信仰と現実世界 金井美彦 (日本基督教団 砧教会牧師・立教大学講師
                               フェリス女学院講師・聖公会神学院講師)

 預言者はどのように自分の現実と渡りあったのか。社会批判、審判、神へのとりなし、救済など、預言者は現実世界に向けて語っている。彼らは言葉の人であると同時に行動の人でもある。しかし彼らの預言活動の根本にあるのは信仰である。その信と現実とがせめぎ合った結果が後に預言書として実ったのである。その過程をイザヤ書を中心に丁寧に見ていきたい。       (CD受講あり)

C.旧約聖書原典講読 「ルツ記」を読む 月本昭男 (経堂聖書会・上智大学神学部特任教授)

 「ルツ記」を講読します。ヘブライ語文法を復習しながら、また物語の背景を考慮しながら、原文を丁寧に読み進めてゆきます。原典でなければ気づけないようなことに出会えるにちがいありません。「ルツ記」の原文はむずかしくありませんので、聖書ヘブライ語の初級文法を一通り学び終えた方であれば、どなたでも参加できます。

D.新約聖書 古代都市と最初期キリスト教(2) 廣石 望(立教大学文学部教授
                                     日本基督教団 代々木上原教会協力牧師)

 昨年度に引き続き、最初期のキリスト教が成長したヘレニズム・ローマ古代都市の諸特徴を理解し、それと照らし合わせる仕方で、新約聖書に保存された最初期キリスト教の思想と実践を理解することを試みます。
 扱う主題は「家と食事」「自由結社とネットワーク」「密儀宗教」「哲学」「神託・治癒・魔術」などになる予定です。                             (CD受講あり)

E.ロマ書の思想 川島重成 (無教会新宿集会・国際基督教大学名誉教授)

 「不敬虔な者・神なき者の義認」を根本のテーマとするロマ書を、原典に基づいて詳しく読み解きます。(パウロのギリシア語文体のニュアンスを、主に新共同訳の訳文と比較しながら、ギリシア語を解さない方々にもできるだけやさしくお伝えするように努めます。)
 今年度は5章から8章を取りあげますが、第一回目は、ロマ書4章18節~25節を主なテキストにして、1章から4章の内容を総括し、第二回目以降の講義につなげます。
 新共同訳聖書及び Nestle-Aland, Novum Testamentum Graece, 28版を各自で御用意下さい。

F.新約聖書原典講読 田中健三 (渋谷聖書集会・日本聖書神学校講師)

 初級ギリシア語文法の復習をしつつ、新約聖書原典を精読していくことで、原典ならではの聖書理解の発見に出会えることでしょう。予習が求められます。本年はヨハネ福音書9章を読んでいきます。


  講義内容2(言 語)  このページのトップへ  

歴史

G. キリスト教史(Ⅵ) 鈴木 浩     (日本福音ルーテル教会・ルーテル学院大学名誉教授
  「宗教改革500周年と『一致に関するルーテル     日本ルーテル神学校名誉教授・ルター研究所所長)
      =ローマ・カトリック委員会』の働き」
  

 2017年は、宗教改革500周年の年に当たっている。宗教改革によって、西方教会に大規模な分裂が生じ、ルター派の分裂に続いて、次々にプロテスタント諸教派が誕生するようになった。例えば、1917年の宗教改革400周年の際には、日本ではプロテスタント諸教派は様々な記念行事を行ったが、カトリック教会は、「宗教改革」は実は「宗教改悪」であったとして、全面対決の姿勢をとっていた。
 100年後、カトリックとルーテル教会は「宗教改革500周年をを共同で記念する」ことになった。
この変化は何によってもたらされたのか。                   (CD受講あり)

 1 宗教改革の発端(1517年10月31日)
 2 信仰義認論をめぐる対立
 3 宗教改革400周年(1917年)の様相
 4 第2バチカン公会議の招集とローマ・カトリック教会の変化
 5 「一致に関するルーテル=ローマ・カトリック委員会」の発足(1967年)
 6 「一致に関するルーテル=ローマ・カトリック委員会」の働き
 7 「義認の教理に関する共同宣言」(1999年10月31日)
 8 今後の課題(聖餐論)

H.内村鑑三と聖書講義 原島 正 (日本基督教団 柿ノ木坂教会・東洋英和女学院大学名誉教授)

 内村鑑三は、日曜日毎の聖書講義と『聖書之研究』の執筆、編集に全力を尽くしました。内村は、聖書講義をした人と言ってよいでしょう。そこで、今年度は内村の聖書講義から旧約は創世記と出エジプト記、新約は福音書と使徒行伝を選び、内村の聖書講義の特色を思想史の視点から考察します。
                                        (CD受講あり)
 1 内村の聖書観―旧約と新約
 2 内村の「創世記」講義(1)―創世時代
 3 内村の「創世記」講義(2)―族長時代  森有正講演集『アブラハムの生涯』との対比
 4 内村の「出エジプト記」講義(1)―モーセの召命と活動
 5 内村の「出エジプト記」講義(2)―律法と十戒
 6 内村の「福音書」講義(1)―『ガリラヤの道』(1925)の紹介
 7 内村の「福音書」講義(2)―『十字架の道』(1928)の紹介
 8 内村の「使徒行伝」講義

I.無教会知識人における社会・倫理・政治
      柴田 真希都 (国際基督教大学アジア文化研究所助手・明治学院大学国際平和研究所研究員)

 この講義では、内村鑑三以後の無教会知識人における社会倫理(Social Ethics)に焦点を当て、その時代史的ないし超時代史的意義について考察する。具体的には内村その人、南原繁、矢内原忠雄、大塚久雄らを中心に扱い、彼らにおける実存と社会、個人と政治、正義と平和などに関わる言説を、同時代のキリスト者、非キリスト者(例えば新渡戸稲造、木下尚江、大内兵衛、賀川豊彦、森有正、丸山眞男など)のそれらを参照しつつ、比較検討できればと考えている。

 1 イントロダクション―内村鑑三における社会と政治
 2 内村の倫理的影響圏
 3 南原繁における実存と社会
 4 矢内原忠雄における実存と社会
 5 南原・矢内原の時代史的意義
 6 大塚久雄における実存と社会
 7 戦後日本における無教会知識人の社会倫理
 8 預言者宗教としての無教会



読書会

J.「内村鑑三」を読もう! 世話人 小舘美彦 (キリスト教横浜集会・拓殖大学特任講師)
                  鷲見誠一 (無教会新宿集会・慶応義塾大学名誉教授)

 引き続き、「ロマ書の研究」を二講ずつ読みます。2017年度は第27講から読み始める予定です。
 この講座は講義ではなく、ゼミ形式の読書会です。参加者が交代でレポーターとなって要点を発表し、その後でみんなで感想や意見を述べ合うというのが基本的な形です。もちろん、レポーターの役は強制されません。単に聞き手として参加することも可能です。したがって参加費も受講料をいただくのではなく、参加するごとに会場費を徴収するだけです。会場費は一回300円です。
 テキストは教文館の「ロマ書の研究」(3500円)を用いますが、もちろん別の版を用いてもかまいません。インターネットからダウンロードしたものを使うこともできます。
 「ロマ書の研究」は内村の思想の集大成ともいうべき著作であり、また彼の全著作の最高峰ともいうべきものです。それだけにこの一冊を深く読み込めば、内村の本質がわかると言っても言い過ぎではありません。また、この著作は内村が実際に行った講義の記録ですから、わかりやすさが配慮されており、途中から参加しても、十分内容を理解することができます。日本が生んだ稀有なる思想家内村鑑三の本質を共に探りましょう。



講義内容2(言 語)  このページのトップへ

Copyright©Mukyokai Kenshujo. All Rights Reserved.