2018年度 講義内容

聖書学

 A.原初史の思想と信仰 - 創世記を読む(1)- 月本 昭男 (経堂聖書会・上智大学神学部特任教授)

 今年度は原初史と呼ばれる創世記1−11章を読みます。原初史には「天地創造」から「バベルの塔」まで、世界と人類の太古の物語が集められ、旧約聖書を残した人々の唯一神信仰に基づく世界観、人間観、文明観が畳み込まれています。それらを探求し、その現代的意義をご一緒に考えてゆきましょう。
(CD受講あり)

 B.預言者の信仰と現実世界2 - イザヤ書を中心に - 金井 美彦 (日本基督教団 砧教会牧師・
                                   立教大学講師・フェリス女学院講師・聖公会神学院講師)

 昨年度に引き続き、イザヤ書の講解を行います。今回は前8世紀のエルサレムで活動したイザヤの後期預言(28-31章)から始め、バビロン捕囚期の、第二イザヤと呼ばれる匿名の預言者(紀元前6世紀中葉)の預言を読む予定です。時代背景の異なる二人の預言者、そして彼らを繋いだ編集者の意図も考慮しながら、彼らの信仰と歴史的現実の関わりをできるだけ丁寧に見てまいります。
(CD受講あり)

 C.旧約聖書原典講読 「創世記」 月本 昭男 (経堂聖書会・上智大学神学部特任教授)

 「創世記」をはじめから講読します。ヘブライ語文法を復習しながら、また物語の背景を考慮しながら、原文を丁寧に読み進めてゆきます。原典でなければ気づけないようなことに出会えるにちがいありません。聖書ヘブライ語の初級文法を一通り学び終えた方であれば、どなたでも参加できます。

 D.新約聖書 イエスの譬え  廣石 望 (立教大学文学部教授・日本基督教団 代々木上原教会協力牧師)

 キリスト教の出発点になったナザレのイエスは、「神の国」の到来を宣教するために、しばしば譬えを用いた。講義では「導入」に続いて、毎回一つのイエスの譬えを具体的に解釈してゆく。講義を一貫する問いに、以下のものが含まれる。宗教はなぜ、かくもたくさんの比喩を用いるのか? 比喩によるコミュニケーションの特徴は何か? 比喩によって真理を発見することは可能か? 比喩による現実認識と生きることはどう関係するのか?

 参考書図書
  W. ハルニッシュ『イエスのたとえ物語:隠喩的たとえ解釈の試み』廣石望訳、日本基督教団出版局、1993年
  荒井献『問いかけるイエス:福音書をどう読み解くか』NHK出版、1994年
  川島重成『イエスの七つの譬え:開かれた地平』三陸書房、2000年
(CD受講あり)

 E.ロマ書の思想 川島 重成 (無教会新宿集会・国際基督教大学名誉教授)

 「不敬虔な者・神なき者の義認」を根本のテーマとするロマ書を、原典に基づいて詳しく読み解きます。(パウロのギリシア語文体のニュアンスを、主に新共同訳の訳文と比較しながら、ギリシア語を解さない方々にもできるだけやさしくお伝えするように努めます。)
 今年度は主に7章から8章を学びますが、第一回目は、ロマ書7章1節~13節を主なテキストにして取りあげます。

 教科書
  新共同訳聖書及び Nestle-Aland, Novum Testamentum Graece, 28版を各自で御用意下さい。

 F.新約聖書の終末論 大貫 隆 (東京大学名誉教授・日本基督教団 武蔵豊岡教会)

 イエスの「神の国」のイメージ・ネットワークは、拙著『イエスという経験』(2003、2014)で示した以上に、「初期ユダヤ教神秘主義」(P・シェーファー)との重なりが深い。最初に、「復活すると天使になる」、神の国での位階、人の子と天使たちの来臨、神殿倒壊予言と「手で造らない神殿」の観点から旧約外典偽典を踏査する。その後は初期キリスト教の終末論を、時系列に沿って進めるところまでたどってみたい。
(CD受講あり)

 G.新約聖書原典講読 田中 健三 (渋谷聖書集会・日本聖書神学校講師)

 初級ギリシア語文法の復習をしつつ、新約聖書原典を精読していくことで、原典ならではの聖書理解の発見に出会えることでしょう。予習が求められます。本年はヨハネ福音書10章、11章を読んでいきます。



歴史

 H.内村鑑三と聖書講義 原島 正 (日本基督教団 柿ノ木坂教会・東洋英和女学院大学名誉教授)

 昨年に引き続き、内村の聖書講義を読み解きます。 内村の「仕事」は、そのほとんどが聖書の講義でした。そして内村の信仰と思想は、彼の聖書講義を通して語られています。そこで昨年に続いて内村の聖書講義からいくつかを選び、内村のキリスト教思想を明らかにします。取り上げる聖書のテキストは、シラバスに記しました。毎回、内村の文章の抜粋を作成します。
 内村の文章を読むことで、内村の信仰思想の特色を明らかになるとともに、今の私たちが学ぶべき、大切なことが、示されることでしょう。
(CD受講あり)
 1 内村の聖書講義の特色
 2 「ルツ記」と「レビ記」の講義
 3 「伝道の書」と「箴言」の講義
 4 「アモス書」と「ホセア書」の講義
 5 「ヨハネ文書」-「ヨハネ福音書」(その一)
 6 「ヨハネ文書」-「ヨハネ福音書」(その二)
 7 「ヨハネ文書」-「ヨハネの手紙」
 8 「ヘブル書」と「ペテロ書」

 I.ルターからバッハへ ―「コラール」の言葉と音楽をたどって
             川中子 義勝 (東京大学名誉教授・㈳法人日本詩人クラブ会長)

 宗教改革以降のルター派プロテスタント信仰の歴史的変遷を、その讃美歌「コラール」の系譜をたどりつつ跡づける。ルターにおけるドイツ・コラールの成立から、三十年戦争期を経てバッハに至る時代を扱う。マルティン・ルターをはじめ、フィリップ・ニコライやヨハン・ヘルマン、ヨハン・リスト、ヨハン・フランク、パウル・ゲルハルトなどの信仰詩が、作曲家に曲を付されることによって民衆のうちに深く根をはり、その生活と経験の実践を定めるに至る過程を、主としてバッハのカンタータやモテット作品などを用いて跡づけてゆく。
 テクストはプリントを配布する。曲のテクストはドイツ語であるが、日本語対訳を用意する。

以下のコラール(ないしJ・S・バッハの作品名)を中心に扱う予定。
 1 深き悩みの淵よりAus tiefer Not schrei ich zu dir BWV 38
 2 キリストは死の縄目に捕らわれたりChrist lag in Todesbanden BWV 4
 3 主に向かいて新しき歌を歌えSinget dem Herrn ein neues Lied BWV 225
 4 神の時は至上の時 Gottes Zeit ist die allerbeste Zeit BWV 106
 5 いかに儚き、いかに虚しきAch wie flüchtig, ach wie nichtig BWV 26
 6 イエスよ、汝はわが魂を Jesu, der du meine Seele BWV 78
 7 イエスよ、わが喜び Jesu, meine Freude BWV 227
 8 血と傷に充てる御頭 O Haupt voll Blut und Wunden (BWV 244 より)
 など毎回、特に「死生」を主題とする作品の詩を読み、曲を解釈し、聴く予定。

 


  言語

 J.ヘブライ語初級 宮崎修二 (立教大学講師)

 旧約聖書の原典に文字を通して、音を通して触れていきましょう。文法の学習ばかりでなく、素読などでリズムを感じることからも新鮮な発見があるかもしれません。

  教科書:小脇光男『聖書ヘブライ語文法 改訂版』(青山社)
  ※教科書は、各自購入してください。

 K.ギリシャ語初級 吉田 忍 (農村伝道神学校・関東神学ゼミナールなどで非常勤講師)

 新約聖書ギリシア語の初級文法と基本語彙の習得を目指す。

 教科書は大貫隆『新約聖書ギリシア語入門』(岩波書店、2004年)。
 ※教科書は、各自購入してください。

 第1回 文字と発音、アクセント
 第2回 直説法能動相現在・第一変化名詞・格の意味
 第3回 第二変化名詞、第一・二変化形容詞、定冠詞、εἰμί
 第4回 第3変化名詞/ 形容詞、人称代名詞、指示代名詞、強意代名詞、前置詞
 第5回 πᾶς、直説法中・受動相現在
 第6回 母音融合動詞、直説法能動相・中動相未来、εἰμίの未来
 第7回 直説法能・中・受動相未完了過去、εἰμίの未完了過去、否定詞、否定疑問文
 第8回 直説法能・中動相第一・二アオリスト
 第9回 直説法受動相アオリスト・未来、比較
 第10回 直説法能・中・受動相現在完了(過去完了)
 第11回 能・中・受動相現在分詞、能・中動相未来分詞、εἰμίの現在・未来分詞、分詞の用法(1)
 第12回 能・中・受アオリスト分詞、受動相未来分詞、分詞の用法(1続き)
 第13回 能・中・受動相現在完了分詞、分詞の用法(1続き)
 第14回 分詞の用法(2)
 第15回 接続法
 第16回 条件文、不定詞
 第17回 関係代名詞・不定関係代名詞、命令法
 第18回 μι動詞

 L.ヘブライ語通信講座 森田 外雄 (無教会新宿集会)

 遠隔の地にお住まいの方、健康上の理由などでクラスに出席したくてもできない方、そうした方たちのために、この通信講座は設けられました。初級コースを1年半で終了することを目標としていますが、学習の進捗度合により多少の延長は可能です。また、年度中いつでも受け付けます。

 テキストは片山 徹『旧約聖書ヘブライ語入門』
 受講申し込みの方には、講師から同著と『ヘブライ語通信教育 学習の手引き』、そのほか実施にあたっての注意事項を記した案内書をお送りします(テキスト代その他の費用は受講料に含まれています)。

 M.ギリシャ語通信講座 吉田 忍 (農村伝道神学校・関東神学ゼミナールなどで非常勤講師)

 新約聖書ギリシア語の初級文法と基本語彙の習得を目指す(全18回)。
 教科書は大貫隆『新約聖書ギリシア語入門』(岩波書店、2004年)。
  ※教科書は、各自購入してください。
 詳細は、「K.ギリシア語初級」に準ずる。



 旧約聖書ヘブライ語学習会 木幡 藤子 (大阪聖書研究会・広島大学名誉教授)

  開催日      毎月(ただし8月は休み)第1・第3木曜日、13時開始
  受講料      500円/回
  教科書  事前に入手すべき教科書・参考書は、特にありません。
  会 場      JR甲子園口駅から歩いて約12分の木幡宅。詳細は受講者にお知らせします。

 新約聖書ギリシア語学習会 木幡 藤子 (大阪聖書研究会・広島大学名誉教授)

  開催日      毎月(ただし8月は休み)第1・第3木曜日、10時開始
  受講料      500円/回
  教科書  大貫隆『新約聖書ギリシア語入門』岩波書店を教科書として使いますので、各自で購入しておいて
       ください。
  会 場      JR甲子園口駅から歩いて約12分の木幡宅。詳細は受講者にお知らせします。

  関西地区で、上記「旧約聖書ヘブライ語学習会」「新約聖書ギリシア語学習会」の2講座を開設いたします。
  受講してみたい方は下記にご連絡ください。受講申込用紙をお送りいたします。

  連絡先      電話・ファックス 0798-31-5780 木幡(こはた)
       E. メール fkohata@jewel.ocn.ne.jp



読書会

 「内村鑑三」を読もう! 世話人 小舘 美彦 (キリスト教横浜集会・拓殖大学特任講師)
                鷲見 誠一 (無教会新宿集会・慶応義塾大学名誉教授)

 引き続き、内村の「ロマ書の研究」を2講ずつ読みます。ただし、約説がある講については、1講だけ読み進めます。2018年度は、第40講から読み始める予定です。
 この講座は講義ではなく、読書会です。したがって、講師が講義をするのではなく、参加者が交互にレポーターとなり、担当箇所の要旨をまとめ、感想を述べ、その後でみんなで話し合うという形をとります。レポーターの役割を強制することはありません。単に聞き手として参加することも可能です。
 毎回会場費として300円を徴収しますが、講義ではないので、受講料はありません。
 参加は自由ですが、事前に申し込みの上、参加願います。

 テキストは、内村鑑三著「ロマ書の研究」(教文館・3,500円)を使用しますが、別の版を使用してもかまいません(各自購入の上、参加願います)。
 本書は、内村の信仰思想の集大成ともいうべき著作であり、彼の精神の巨大さ・鋭さ・深さが十分に言語化された傑作です。これをともに読むことを通して、参加者の精神が内村の精神のごとく大きく、鋭く、深くなっていくことを望みます。





PAGE TOP

Copyright©Mukyokai Kenshujo. All Rights Reserved.