2019年度 講義内容

聖書学

 A.アブラハム物語 - 創世記を読む(2)- 月本 昭男 (経堂聖書会、上智大学神学部特任教授)

 創世記は「原初史」に続き、アブラハム、イサク、ヤコブと三代にわたる父祖たちの物語を伝えます。なかでもアブラハムは古代イスラエルの大始祖であり、キリスト教の伝統では「信仰の父」と呼ばれ、アラブ人イスラム教徒もまた自分たちをアブラハムの子孫とみなしました。本講義では、昨年度の「原初史」に続き、創世記12章から25章までのアブラハムの物語をじっくり読み進めてゆきます。
(CD受講あり)
 1 アブラハムの出立
 2 アブラハムとサラ
 3 アブラハム契約
 4 イシュマエルとハガル
 5 アブラハムとロト
 6 イサク誕生と献供
 7 サラの死と埋葬
 8 アブラハムの信仰    使用テキスト 旧・新約聖書

 B.預言者の信仰と現実世界(3) イザヤ書56-66章、ハガイ書、ゼカリヤ書
      金井 美彦 (日本基督教団 砧教会牧師、立教大学・フェリス女学院・聖公会神学院・日本聖書神学校講師)

 前半は昨年度に引き続いてイザヤ書を読んで行きます。第三イザヤと呼ばれるイザヤ書の最後のまとまりはペルシア時代の預言と見られますが、この預言者によって示された宗教的な普遍性と包括性、他方それを支える強固な宗教的自立性を、歴史的状況に照らして理解したいと考えています。
 後半は同じくペルシア時代(ただしそれ以降も含む)のハガイとゼカリヤの預言を読んで行く予定です。
(CD受講あり)

 C.旧約聖書原典講読 「創世記」 月本 昭男 (経堂聖書会、上智大学神学部特任教授)

 昨年度に続き、創世記「原初史」を読みます。今年度は2章10節から、エデンの園の物語です。ヘブライ語初級を習得された方であれば、どなたでも参加していただけます。文法事項を確認しながら、ご一緒にその意味内容を考えてゆきます。毎回、5~10節ほどを読み進めます。

 使用テキスト Biblia Hebraica Stuttgartensia のLiber Genesis あるいはBiblia Hebraica Quinta のGenesis。後者は脚注が増え、脚注やマソラ注記への補注が加わっていますが、どちらも本文は同一です。

 D.新約聖書 「山上の説教」の解釈  廣石 望 (日本基督教団 代々木上原教会協力牧師、立教大学文学部教授)

 マタイ福音書5-7章に保存された「山上の説教」は、キリスト教の歴史の中で非常に大きな影響を与え、その影響はキリスト教外部にも及んでいる。いくつかの単元に区切って、それぞれを伝承史的に分析し、宗教史的な背景を踏まえつつ釈義した上で、その意味内容に関する解釈学的な考察を行う。
(CD受講あり)
参考図書
 W.D. ダーヴィス『イエスの山上の説教』教文館、1991年
 井上良雄『山上の説教 終末時を生きる』、新教出版社、1994年
 H.ヴェーダー『山上の説教 その歴史的意味と今日的解釈』、日本基督教団出版局、2007年
 U. ルツ『マタイによる福音書』(EKK新約聖書註解I/4)、教文館、2009年など。

 E.新約聖書の終末論(その2) 大貫 隆 (日本基督教団 武蔵豊岡教会、東京大学名誉教授)

 2018年度の講義と並行して書き進めてきた原稿が、2019年1月に筑摩書房から『終末論の系譜 初期ユダヤ教からグノーシスまで』というタイトルで刊行になります。2019年度は、2018年度に取り上げた章を除いた部分から、8回分のテーマを設定します。昨年度と同じように、それぞれの回のポイントを要約したプリントを作り、刊行後の本をお持ちでない方にも支障のないようにしたいと思います。
(CD受講あり)
 1 パウロの手紙
 2 テサロニケの信徒への第二の手紙
 3 コロサイとエフェソの信徒への手紙
 4 ヘブライ人への手紙
 5 ヨハネ黙示録
 6 モンタノス主義
 7 グノーシス+エイレナイオス
 8 まとめ

参考図書
 大貫隆『終末論の系譜 初期ユダヤ教からグノーシスまで』、筑摩書房、2019年1月24日刊

 F.新約聖書原典講読 田中 健三 (上智大学神学部・農村伝道神学校講師)

 初級ギリシア語文法の復習をしつつ、新約聖書原典を精読していくことで、原典ならではの聖書理解の発見に出会えるでしょう。予習が求められます。本年はヨハネ福音書11章、12章を読んでいきます。

 使用テキスト Nestle-Aland版かUnited Bible Societies版をご用意ください。
        用意できない場合など詳細については初回に説明します。



思想

 G.現代神学入門 ― カール・バルトを一つの頂点として
              福嶋 揚 (神学博士 青山学院大学・東京神学大学・日本聖書神学校講師)

 キリスト教神学という学問は、日本ではあまり認知されていませんが、二千年の歴史を持つ、伝統的かつ現代的な学問です。「神学とは最も悦ばしい学問である」と二十世紀を代表する神学者カール・バルトは言いました。そのような神学の、二十世紀から二十一世紀にかけてのいくつかの重要な動向と、現代における新しい可能性を論じてみたいと思います。
(CD受講あり)
 1 歴史と信仰 ― 史的イエス研究と自由主義神学
 2 社会主義とキリスト教 ― ロシア革命とキリスト教
 3 カール・バルトの神学(1)
 4 カール・バルトの神学(2)
 5 バルト以後のプロテスタント神学
 6 バルト以後のカトリック神学
 7 解放の神学 ― 貧しい者のための優先的選択
 8 生態系の神学 ― 地球のための優先的選択

参考文献
 福嶋 揚『カール・バルト―未来学としての神学』(日本基督教団出版局、2018年)

 H.ルターからバッハへ ―「コラール」の言葉と音楽をたどって(2)
                 川中子 義勝 (東京大学名誉教授、㈳法人日本詩人クラブ会長)

 昨年度に引き続き、宗教改革以降のルター派プロテスタント信仰の歴史的変遷を、その讃美歌「コラール」の系譜をたどりつつ跡づける。ルターにおけるドイツ・コラールの成立から、三十年戦争期を経てバッハに至る時代を扱う。
 マルティン・ルターをはじめ、フィリップ・ニコライやヨハン・ヘルマン、ヨハン・リスト、ヨハン・フランク、パウル・ゲルハルトなどの信仰詩が、曲を付されることによって民衆の生活と信仰に深く根を張るに至る過程を、バッハのカンタータ作品を用いて跡づけてゆく。昨年扱わなかった新たな作品を取り上げる予定。
 テクストはプリントを配布する。曲のテクストはドイツ語であるが、日本語対訳を用意する。
 


言語

 I.ヘブライ語初級 宮崎修二 (立教大学講師)

 聖書ヘブライ語の基本的な文法を学びます。旧約聖書の原典に文字を通して、音を通して触れていきましょう。文法の学習ばかりでなく、素読などでリズムを感じることからも新鮮な発見があるかもしれません。

  教科書:小脇光男『聖書ヘブライ語文法 改訂版』(青山社)
  ※教科書は、各自購入してください。

 J.ギリシャ語初級 吉田 忍 (農村伝道神学校・関東神学ゼミナールなどで講師)

 新約聖書ギリシア語の初級文法と基本語彙の習得を目指す。

 教科書は大貫隆『新約聖書ギリシア語入門』岩波書店、2004年
 ※教科書は、各自購入してください。

 第1回 文字と発音、アクセント
 第2回 直説法能動相現在・第一変化名詞・格の意味
 第3回 第二変化名詞、第一・二変化形容詞、定冠詞、εἰμί
 第4回 第3変化名詞/ 形容詞、人称代名詞、指示代名詞、強意代名詞、前置詞
 第5回 πᾶς、直説法中・受動相現在
 第6回 母音融合動詞、直説法能動相・中動相未来、εἰμίの未来
 第7回 直説法能・中・受動相未完了過去、εἰμίの未完了過去、否定詞、否定疑問文
 第8回 直説法能・中動相第一・二アオリスト
 第9回 直説法受動相アオリスト・未来、比較
 第10回 直説法能・中・受動相現在完了(過去完了)
 第11回 能・中・受動相現在分詞、能・中動相未来分詞、εἰμίの現在・未来分詞、分詞の用法(1)
 第12回 能・中・受アオリスト分詞、受動相未来分詞、分詞の用法(1続き)
 第13回 能・中・受動相現在完了分詞、分詞の用法(1続き)
 第14回 分詞の用法(2)
 第15回 接続法
 第16回 条件文、不定詞
 第17回 関係代名詞・不定関係代名詞、命令法
 第18回 μι動詞

 K.ヘブライ語通信講座 森田 外雄 (無教会新宿集会)

 遠隔の地にお住まいの方、健康上の理由などでクラスに出席したくてもできない方、そうした方たちのために、この通信講座は設けられました。初級コースを1年半で終了することを目標としていますが、学習の進捗度合により多少の延長は可能です。また、年度中いつでも受け付けます。

 テキストは片山 徹『旧約聖書ヘブライ語入門』
 受講申し込みの方には、講師から同著と『ヘブライ語通信教育 学習の手引き』、そのほか実施にあたっての注意事項を記した案内書をお送りします(テキスト代その他の費用は受講料に含まれています)。

 L.ギリシャ語通信講座 吉田 忍 (農村伝道神学校・関東神学ゼミナールなどで講師)

 新約聖書ギリシア語の初級文法と基本語彙の習得を目指す(全18回、期間は1年半)。
 教科書は大貫隆『新約聖書ギリシア語入門』岩波書店、2004年
  ※教科書は、各自購入してください。

 詳細は、「J.ギリシア語初級」に準ずる。



読書会

 ゼミ.「内村鑑三」を読もう! 世話人 小舘 美彦 (キリスト教横浜集会、春風学寮寮長、拓殖大学特任講師)
              鷲見 誠一 (無教会新宿集会、慶応義塾大学名誉教授)

 内村鑑三の『ロマ書の研究』を共に読み、話し合います。毎回一講のペースで読み進む予定です。毎回交代で担当者を決め、担当者がその日の箇所の要旨を解説し、感想を述べます。それについて必要な場合は世話役の講師が補足し、その後全員で問題点を話し合います。このようにして内村から学ぶべきこと、あるいは内村について批判すべきことを明らかにしていきます。
 担当者は希望する者がなり、義務ではありません。単に聴講者として参加することも可能です。
 講義ではありませんから受講料はありません。参加するごとに会場費として300円を徴集するだけです。
 テキストは内村鑑三著『ロマ書の研究』(教文館・3,500円)を使用しますが、他の版を使用してもかまいません。各自でご用意下さい。



 旧約聖書ヘブライ語学習会 木幡 藤子 (大阪聖書研究会、広島大学名誉教授)

  開催日      毎月(ただし8月は休み)第1・第3木曜日、13時開始
  受講料      250円/回
  教科書  事前に入手すべき教科書・参考書は、特にありません。
  会 場      JR甲子園口駅から歩いて約12分の木幡宅。詳細は受講者にお知らせします。

 新約聖書ギリシア語学習会 木幡 藤子 (大阪聖書研究会、広島大学名誉教授)

  開催日      毎月(ただし8月は休み)第1・第3木曜日、10時開始
  受講料      250円/回
  教科書  大貫隆『新約聖書ギリシア語入門』岩波書店を教科書として使いますので、各自
       で購入しておいてください。
  会 場      JR甲子園口駅から歩いて約12分の木幡宅。詳細は受講者にお知らせします。

  関西地区で、上記「旧約聖書ヘブライ語学習会」「新約聖書ギリシア語学習会」の2講座を
  開設いたします。
  受講してみたい方は下記にご連絡ください。受講申込用紙をお送りいたします。

  連絡先      電話・ファックス 0798-31-5780 木幡(こはた)
       E. メール fkohata@jewel.ocn.ne.jp






PAGE TOP

Copyright©Mukyokai Kenshujo. All Rights Reserved.