2020年度 講義内容

聖書学

 A.ヤコブの生涯 - 創世記を読む(3)- 月本 昭男 (経堂聖書会、上智大学神学部特任教授)

 晩年、エジプトでファラオに謁見したヤコブは「わが寄留の年月は130年、生きた年月はわずかで、苦難に満ちていました」と語りましたが、最晩年には、神こそが「今日まで、わが生涯をとおしてわが牧者であられた」と述懐しています。本講義では、そのようなヤコブの歩みを追って、その生涯を辿ってみましょう。別名イスラエルと名乗ったヤコブの生涯には、父祖アブラハムと同じく、古代イスラエルの民の信仰がたたみ込まれているにちがいありません。
(CD受講あり)
 1 イサクとリベカ(創24章、26章)
 2 ヤコブとエサウ(創25:19-34、27:1-40)
 3 ヤコブの逃避行(創28章)
 4 ヤコブと妻たち(創29章、30章)
 5 ラバンとの契約(創31章)
 6 エサウとの再会(創32、33章)
 7 ヤコブと息子ら(創34章、35:22b-26ほか)
 8 ヤコブとヨセフ(創37章ほか)  使用テキスト 旧約聖書(訳は問いません)

 B.ヨブ記を共に読む 金井 美彦
           (日本基督教団 砧教会牧師、立教大学・フェリス女学院・聖公会神学院・日本聖書神学校講師)

  ヨブ記の主題は一般に神の義と人間の義の相克であるとされますが、神への信どころか、神の観念さえ失われつつある現代にあって、そもそもこのテキストの理解が可能であるかが問われます。そこで先ずヨブ記を読むこと自体の意味を考えることから始めたい。そして先に提示した主題に囚われず、様々な観点から共に読み解きながら、この書がこの混沌の時代において、いかに「役に立つ」かを確認したいと思います。
 遠方の聴講者からの意見や応答にも可能な限り配慮するつもりです。

  使用テキスト 聖書(訳は問いません)
(CD受講あり)

 C.旧約聖書原典講読  月本 昭男 (経堂聖書会、上智大学神学部特任教授)

 旧約聖書のヘブライ語原典を読んでゆきます。邦訳聖書の訳語や訳文の違いの理由がわかることを目標にします。翻訳に反映させることの難しいヘブライ語ならではの意味合いも探ってみましょう。ヘブライ語初級文法を習得された方であれば、どなたでも参加できます。
 今年度は創世記4章「カインとアベルの物語」からはじめます。毎回、5~10節ほど進みます。

 使用テキスト Biblia Hebraica Stuttgartensia
   もしくは Biblia Hebraica QuintaのLiber Genesisをご用意ください。
 コピーでも結構です。

 D.新約聖書のイエス - 福音書を読む -  廣石 望
                  (日本基督教団 代々木上原教会担任教師、立教大学文学部教授)

 生前のイエスはどのような考えにもとづいて、現在福音書のイエス伝承に保存されているような発言や行動をしたのか。イエスの言動は、当時の人々にどのような反応を引き起こしたのか。「神はイエスを死者たちの中から起こした」という復活告白を形成するに至った人々は、どのような経験にもとづいてそうした理解に至ったのか。そして最後に、神がイエスを復活させたと信じるに至った人々は、どのような意味でイエスをキリストと理解し、またそのことを他の人々にも伝えようとしたのか。
 福音書のイエス伝承をとりあげ、各回の講義で主題ごとに区切ってこれらの問いを取り扱う。
(CD受講あり)
 使用テキスト 新約聖書(訳は問いません)

 参考図書
  廣石望『新約聖書のイエス――福音書を読む(上・下)』NHK出版、2019年。
  上村静『宗教の倒錯――ユダヤ教・イエス・キリスト教』岩波書店、2008年。
  大貫隆『イエスという経験』岩波書店、2003年。
  佐藤研『はじまりのキリスト教』岩波書店、2010年。
  佐藤研『最後のイエス』ぷねうま舎、2012年。
  廣石望『信仰と経験――イエスと〈神の王国〉の福音』新教出版社、2011年。

 E.新約聖書原典講読 吉田 忍 (農村伝道神学校・関東神学ゼミナールなどで非常勤講師)

 新約聖書を原文で読み進めます。必要に応じて文法事項の確認を行います。 今年度は「テサロニケの信徒への手紙一」を読みます。

 使用テキスト・参考図書 初回授業時に指示します。


思想

 F.ローマ皇帝支配とキリスト教 島 創平 (無教会新宿集会・東洋英和女学院大学教授)

 「キリスト教とローマ帝国」というテーマについて、一般的な通説では、キリスト教はローマ皇帝礼拝を拒否したため、「暴君」ネロをはじめとするローマ皇帝の激しいキリスト教徒迫害を受けたが、それにもかかわらず信徒の数は増え続け、ついに4世紀初めの「大迫害」後、コンスタンティヌス帝により公認されるに至った、というように解釈されているが、はたしてこの通説は正しいのだろうか。ここではローマ帝政とキリスト教の関係について、改めて再検討したい。
(CD受講あり)
 内容の計画
 1.問題提起―ローマ帝国とキリスト教
 2.初期キリスト教の「反ローマ性」
 3.「ローマ皇帝礼拝」の実態
 4.ネロとキリスト教
 5.2世紀の皇帝とキリスト教
 6.3世紀の皇帝とキリスト教
 7.皇帝によるキリスト教徒迫害の本格化
 8.「迫害」から「公認」へ―4世紀のローマのキリスト教政策

 G.エコロジーとキリスト教 福嶋 揚 (神学博士 立教大学大学院・東京神学大学・日本聖書神学校講師)

 今日、地球生態系の崩壊という危機を無視して成り立つ人間の活動は、一つもないでしょう。キリスト教という伝統宗教も同様です。エコロジーの問題は、キリスト教の外側から新しく付け加わった課題というだけではなく、キリスト教が自らの最奥の本質へと立ち返ることを求める最大の試練に他なりません。この講座では、現代キリスト教思想の重要な特徴や動向を論じながら、エコロジーとキリスト教の関係を歴史的かつ理論的に明らかにします。
(CD受講あり)
 参考文献
  教皇フランシスコ『回勅ラウダート・シ』、カトリック中央協議会2016
  ユルゲン・モルトマン『希望の倫理』(福嶋揚訳、新教出版社2016)
  その他、講義中に随時紹介します。

 H.J・S・バッハのカンタータ - 教会暦にしたがって -
                 川中子 義勝 (東京大学名誉教授、㈳法人日本詩人クラブ前会長)

 J・S・バッハの声楽曲、ことにそのカンタータを毎回対象として取り上げ、その内容を解説していく。バッハのカンタータは、ルター派教会の礼拝に用いるために、「教会暦」に基づいて作曲された。その主題は、当該聖日の説教が扱う福音書章句、書簡章句と密接に関わっている。コラールやレチタティーヴォ・アリアによって構成されたその歌詞テクストを、宗教詩として読み解きつつ、バッハが与えた音楽的解釈について、曲を聴きながら考察する。信仰の歴史や伝統との関わり、暦や祭りの意義と役割、民俗学的な意味にもふれる予定。

 1 復活節期のカンタータ
 2 昇天節、あるいは聖霊降臨節のカンタータ
 3 マリア関連の聖日、あるいは三位一体節のカンタータ
 4 洗礼者ヨハネの祝日、あるいは市参事会新任式のカンタータ
 5 ミカエルの祝日、あるいは宗教改革記念日のカンタータ
 6 教会暦末日ころのカンタータ
 7 待降節、あるいは降誕節のカンタータ
 8 新年、あるいは顕現節のカンタータ

 使用テキスト 毎回、プリントを配布する。  


言語

 I.ヘブライ語通信講座 森田 外雄 (無教会新宿集会)

 遠隔の地にお住まいの方、健康上の理由などでクラスに出席したくてもできない方、そうした方たちのために、この通信講座は設けられました。初級コースを1年半で終了することを目標としていますが、学習の進捗度合により多少の延長は可能です。また、年度中いつでも受け付けます。

 テキストは片山 徹『旧約聖書ヘブライ語入門』
 受講申し込みの方には、講師から同著と『ヘブライ語通信教育 学習の手引き』、そのほか実施にあたっての注意事項を記した案内書をお送りします(テキスト代その他の費用は受講料に含まれています)。

 J.ギリシャ語通信講座 吉田 忍 (農村伝道神学校・関東神学ゼミナールなどで講師)

 新約聖書ギリシア語の初級文法と基本語彙の習得を目指す(全18回、期間は1年半)。
 教科書は大貫隆『新約聖書ギリシア語入門』岩波書店、2004年
  ※教科書は、各自購入してください。

 第1回 文字と発音、アクセント
 第2回 直説法能動相現在・第一変化名詞・格の意味
 第3回 第二変化名詞、第一・二変化形容詞、定冠詞、εἰμί
 第4回 第3変化名詞/ 形容詞、人称代名詞、指示代名詞、強意代名詞、前置詞
 第5回 πᾶς、直説法中・受動相現在
 第6回 母音融合動詞、直説法能動相・中動相未来、εἰμίの未来
 第7回 直説法能・中・受動相未完了過去、εἰμίの未完了過去、否定詞、否定疑問文
 第8回 直説法能・中動相第一・二アオリスト
 第9回 直説法受動相アオリスト・未来、比較
 第10回 直説法能・中・受動相現在完了(過去完了)
 第11回 能・中・受動相現在分詞、能・中動相未来分詞、εἰμίの現在・未来分詞、分詞の用法(1)
 第12回 能・中・受アオリスト分詞、受動相未来分詞、分詞の用法(1続き)
 第13回 能・中・受動相現在完了分詞、分詞の用法(1続き)
 第14回 分詞の用法(2)
 第15回 接続法
 第16回 条件文、不定詞
 第17回 関係代名詞・不定関係代名詞、命令法
 第18回 μι動詞


読書会

 ゼミ.「内村鑑三」を読もう! 世話人 小舘 美彦 (キリスト教横浜集会、春風学寮寮長、拓殖大学特任講師)
              鷲見 誠一 (無教会新宿集会、慶応義塾大学名誉教授)

 内村鑑三の『ロマ書の研究』を共に読み、話し合います。毎回一講のペースで読み進む予定です。毎回交代で担当者を決め、担当者がその日の箇所の要旨を解説し、感想を述べます。それについて必要な場合は世話役の講師が補足し、その後全員で問題点を話し合います。このようにして内村から学ぶべきこと、あるいは内村について批判すべきことを明らかにしていきます。
 担当者は希望する者がなり、義務ではありません。単に聴講者として参加することも可能です。
 講義ではありませんから受講料はありません。参加するごとに会場費として300円を徴集するだけです。
 テキストは内村鑑三著『ロマ書の研究』(教文館・3,500円)を使用しますが、他の版を使用してもかまいません。各自でご用意下さい。

 1 第五五講 日は近し
 2 第五六講 小問題の解決
 3 第五七講 パウロの伝道方針
 4 第五八講 パウロの友人録
 5 第五九講 終結 頌栄の辞
 6 第六〇講 ロマ書大観
 7 解説 山本泰次郎
 8 歴史を作り変える力 富岡幸一郎


 旧約聖書ヘブライ語学習会 木幡 藤子 (大阪聖書研究会、広島大学名誉教授)

  開催日      毎月 第1・第3木曜日、13時開始
          ただし7月半ばから9月半ばまで休み
  受講料      250円/回
  教科書  事前に入手すべき教科書・参考書は、特にありません。
  会 場      JR甲子園口駅から歩いて約12分の木幡宅。詳細は受講者にお知らせします。

 新約聖書ギリシア語学習会 木幡 藤子 (大阪聖書研究会、広島大学名誉教授)

  開催日      毎月 第1・第3木曜日、10時開始
          ただし7月半ばから9月半ばまで休み
  受講料      250円/回
  教科書  大貫隆『新約聖書ギリシア語入門』岩波書店を教科書として使いますので、各自
       で購入しておいてください。
  会 場      JR甲子園口駅から歩いて約12分の木幡宅。詳細は受講者にお知らせします。

  関西地区で、上記「旧約聖書ヘブライ語学習会」「新約聖書ギリシア語学習会」の2講座を
  開設いたします。
  受講してみたい方は下記にご連絡ください。受講申込用紙をお送りいたします。

  連絡先      電話・ファックス 0798-31-5780 木幡(こはた)
       E. メール fkohata@jewel.ocn.ne.jp






PAGE TOP

Copyright©Mukyokai Kenshujo. All Rights Reserved.